このページには最近の記事がのせてあります。このページにあらわれていないいままでの記事の一覧は、このページの下にある「サイトマップ」をクリックしてブログの項をみてください。そこから各記事にいくことができます。


戦争に行かずにすんだ団塊の世代のわたしに、わたしから

戦争に行かずにすんだね。ただ、まだ日本の土地が戦場になる可能性があるから、そうなったら、70歳すぎても戦争のまっただなかにほうりこまれるから、過去形はまだはやいけどね。

  ぼくたちが若い兵士として、それがどこであれ、戦場におくりこまれて、そこで戦争の駒として、殺し合い、破壊しあうことをせずにすんだのは、それは、太平洋戦争で戦って死んだ、あるいは生き残った、ぼくたちの父母たちが、ずっと守ってくれたからだよ。憲法9条があったからではないよ。それが証拠に、憲法9条があっても、それを法律的に守る日本の裁判所は、戦後すぐに、裁判所はそれを守る役目をもたないと当時の最高裁判所田中耕太郎長官が砂川事件の判決で宣言しているのを知ってるだろう?それに、いまだって、憲法9条はそのままあるけど、政府と国会がそれをやすやすと破って、無視しているものね。

  ぼくたちを戦争からずっと守ってくれていたのは、ぼくたちの父母そして祖父母たちが、ひとりひとりが、絶対に二度

と戦争はさせない、二度とこどもたちを戦場におくりださないと、心の底から決意し、その決意を絶対にゆずらなかったからだよ。死んだひとたちの意志と、生き残ったひとたちの意志が、ぼくたちを絶対的に守ってくれていた。

  生き残ったぼくの父は、インドシナ戦線を生き抜いて、それも突撃命令がでたときにたまたまマラリアで動けなかったからだそうだが、一生のうちで、ただ一度だけ、それもほんの少し、戦争についてぼくに語ってくれた。それも、彼の属した部隊が彼を残して全員突撃で死んだインドシナでの戦いの日々ではなく、敗戦後の引き揚げ船がアメリカ軍に爆撃されて船が漂流したときの、その爆撃の一瞬のことだけ。その語られた場面は、いまもぼくの脳裏に焼き付けられている。そして「戦争はあかん」、「戦争は二度としたらあかん」、とだけ言っていた。

  母もけっして戦争については語らなかった。父と同じように、「戦争はあかん」、「戦争は二度としたらあかん」とだけ言っていた。晩年、ぽつんと、「あにさんは、かわいそうやった」と言ったのが印象的だった。母の兄は硫黄島の最後の突撃でなくなったそうだ。祖父母は、死ぬ間際まで毎日、その息子のために、神棚にガラスコップ1杯の水をささげていた。

  母方の祖父母は、けれども、原爆の日々のことはよく話してくれた。実家は尾道の向島だったので、親戚のひとが広島から原子爆弾に被爆して、命からがら向島まで逃げてきたときの様子、それも、ぼくの脳裏にやきついている。こどものころ繰り返し見た夢は、原爆が目の前で爆発する夢だった。また原子爆弾が落ちてきたらどうしよう、とよく母にすがったものだ。そのとき決まって母がいうには、「そのときはみんなが一緒に死ぬのだからだいじょうぶ」だった。

  いま世界は核戦争にむかっている。ぼくたちがこどものころや若い頃にも、いまとおなじように戦争に向かおうとする人々はいた。日本の戦後民主主義の裏では、戦前からしっかり生き残った戦争を推進してきたひとたちが、戦前とおなじ権力支配を図っていた。それにもかかわらず、ぼくたちが自由で平和なくらしができ、戦争に行かずにすんだのは、ぼくたちの父母や祖父母たちが、絶対的に強かったからだ。なぜなら、権力者たちではなく、ぼくたちの父母や祖父母たちが、実際に戦争を戦った人たちだから、ほんとうに、絶対に、二度と戦争はしないと、外面はいかにやわらかくとも、命かけてぼくたちを守ってくれたからだ。

  そんなぼくたち団塊の世代、戦争から引き揚げてきた若い兵士たちと故郷で生き抜いてきた娘たちの最初のこどもたち、そんなぼくたちは、知っている、きっと知っている。ぼくたちの若い父と母、その父母である祖父母たちが、けっして語りはしなかったが、そのこころの奥底に確固としてあった決意を。

  日本もいま、戦争にむかって歩んでいる。それを推進している人たちがいる。それがあからさまになったのは、2011年3月11日の大震災による福島第一原子力発電所の爆発によってだ。それによって、日本国が壊れたからだということはまえのブログにかいた通りだ。団塊の世代のわたしよ、父や母や、祖父や祖母がわたしを守ってくれたように、わたしもこどもたちや孫たちを守っているだろうか?こころの奥底にしっかりと受け継いでいるあの意志をもうみつけただろうか?

0 コメント

核発電(原発)のない故郷−1:続・原発のない世界へ

続きを読む 0 コメント

壊れた日本国のようす

まえのブログ記事で、福島第一原発爆発の結果、日本という国が壊れてしまったとぼくはおもうと書きました。そのことは、日々ますます確信してきています。

 日本国家のありかたは、日本国憲法によってきめられています。だから、日本という国が壊れたというのは、日本国憲法が壊れた、というのとおなじです。日本国という国家システムが壊れたということです。

 日本という国の成り立ちは、第2次世界大戦の敗戦とアメリカ軍による占領の結果、非常にややこしいことになっていますが、それでも、わたしたち国民は、じぶんたちが日本国という独立国家の国民であることをずっと信じてきました。その国家が壊れてなくなったなら、わたしたちはもう日本国民ではないのです。としたら、わたしたちは無国籍者として無法地帯のど真ん中にいきているのでしょうか?いえいえそうではありません。日本国がなくなったので、それによってかくされていたある国家が目の前に現れてきました。アメリカ合衆国です。

 そこで、いまの日本国の様子を、すこしかんがえてみたいとおもいます。

 まず、いままでの日本の国家権力の最も重要な根拠であった原発があのようにあからさまに大事故をおこして、日本列島だけでなく、地球全体にとって取り返しがつかないようなことになってしまったということが、一番の根っこにあります。そこで、日本列島においては、もはや、原子力エネルギーを根本にする権力は存在できないことがあきらかになりました。したがって、いままでの国家権力をにぎっていた人々は、じぶんたちにはじつはもう権力の実体的な根拠がないことを知ってしまったのです。だから、日本国家がもうすでに壊れてしまったという事実を最初に認識したひとたちは、日本国の権力を握っているひとたち、権力者たちです。このひとたちは、日本国の崩壊は日本国憲法の崩壊とおなじであることを知っているので、この時点で、日本国憲法はもうすでにないものであることを認識したとおもいます。

 そのような権力者たちがさらに権力の座にあり続けるには、どのような方法があるでしょうか?まず最初におもいつくのが、破滅を覚悟で、原子力を権力の根幹に再びすえるということです。しかし、それはもう日本列島においては不可能だということが国民にしれてしまったので、もしそれでもそれを推し進めようとするならば、無法で実行しなければなりません。ところがもうすでに日本国憲法は壊れてなくなってしまったことを認識しているかれら権力者たちは、それをとめる法がないので、なんの躊躇もなくそれを実行できるのです。それが現在わたしたちが目にしている原発再稼働やもんじゅ継続のうごきです。つまり、めちゃくちゃなことがまかりとおるのです。その結果、近い将来あたらしい日本国の政府ができて、原発をなくさないかぎり、かならず、原発の大事故がおこり、今度こそ、日本国家だけではなしに、日本国土とそこにすむ人間をふくむいきものがほろびるのです。

 とはいうものの、現実の原子力技術は、福島原発事故によってあきらかなように、日本の権力者たちの望むような高度なものではありません。事故がおこれば、なにもできないということが、これほどはっきりと目の前にしめされているので、たとえ原発を再稼働しても、もはやそれは権力の根拠とはなりえないのです。原発を背景に、実質原子爆弾を作っていても、事故ではなくても、ほんの簡単なテロによって、原発が大爆発をおこすことをかんがえると、もはや日本での原子力は権力の源とはなりえないのです。

 そこでこれらの権力者たちは、日本国を支配しているアメリカ合衆国、あるいは、その軍隊に、あからさまに隷属することによって、日本のひとびとを支配し、アメリカ合衆国、あるいは、それをうごかしている世界の権力者による、世界のひとびとの支配の手先となることを選ぶしかないのです。

 だから、もう、なにも隠すことはなく、隠す努力も必要ありません。秘密保護法は、なにも隠すものはないということとおなじことで、秘密であるということによって、ひとびとに公然とそれが意味することを示しているのです。つまり、日本の権力者たちは、もうなにもできず、真の権力者たちのいうがままに行動するので、日本のひとびとに説明する必要がないからです。説明しない、ということが、秘密ということです。

 あらゆる分野で、権力とつながっているひとびとが、首尾一貫性をうしない、支離滅裂になり、しかも、それを取り繕うことをしなくなります。取り繕うことが、できないからです。そして、これら権力者とそれに連なるひとびとがやる唯一のことは、日本のひとびとを支配する体制を完成させていくことです。

 これが、いまの日本の現状だとおもいます。

 そこでわたしたちは覚悟をきめて、これらのことが進行していくことに絶望せず、あたらしい社会をつくっていくことです。それは、以前に虹の戦士について書いたように、着実に始まっています。

 

 

0 コメント

日本という国はもうすでに壊れているとおもう

ソ連が崩壊したのは、チェルノブイリ原発事故の5年後でした。当時のゴルバチョフ書記長が後ほど、ソ連崩壊の原因はチェルノブイリ原発事故だったと語っています。同じように日本という国家体制も福島原発事故のあと崩壊するだろうと、東海アマさんははやくからいっていました。そして、ちかごろの日本の様子を見聞きしているあいだ、はっ、と、気がつきました。日本という国家体制は、チェルノブイリ原発事故のあとのソ連とおなじように、福島原発事故によって、もうすでに崩壊したのだと。

 もちろん、わたしたちの日々のくらしはづっと続くし、いままでのいろんな制度はうけつがれていくけれど、いままでの日本という国家をささえてきた体制はもう壊れてしまったのだとおもう。さらに、はっ、と気づいたことは、いままでの日本という国家って、いつからの日本国のことだろう?ということ。太平洋戦争後の日本国?けれども、日本国憲法をもついまの日本国は、実際は、アメリカによって占領された、天皇制を延命させた明治以来の大日本帝國の仮の姿だということは、ますますみんなの目にみえてきている。だから、福島原発事故で壊れた日本国とは、明治以来の大日本帝國なのだとおもう。

 そうか、だから、大日本帝國をささえてきたひとたちが、福島原発事故がその国家体制維持に致命的だとあわてて、ものすごい勢いでなんとかしようとあがきだして出現してきたのが安倍政権なのだ。だから、安倍政権のやることなすことすべて、もうすでに壊れてしまった体制をなんとか組み立て直そうという努力だとおもう。そんな努力だから、その生地がむきだしになってしまう。

 なぜチェルノブイリや福島の原発事故がそれぞれの国家体制の崩壊を導いたのかは、原子力がそれぞれの国家をささえる根本だからだ。原発は核兵器とおなじであり、原子力というのは、国家権力の力そのものだからだ。その力そのものが壊れた時にどのようになるかはあきらかだ。さらに大変なことは、原発が壊れたら、それでおわりではなくて、それに対処しなければならないからだ。そうしないと、国家どころか、現状の地球生命が終わるからだ。それには膨大な費用がかかる。しかもかなしいことに、その対処方法はいまのところだれもしらない。

 以上のことはつぎの想像をしてみればすぐにわかる。今後、原発が始まって以来の大事故のペース、つまり25年おきぐらいに、アメリカ合衆国、中国、インド、ヨーロッパで原発大事故が起こった時のことを。100年のうちに、世界はもういまある国家体制を維持することなど全く不可能になるでしょう。

 もとにもどって、日本のいまの政治、経済、社会状況をみてみると、じつはもう壊れてしまった明治以来の国家体制を立て直すために、一方では福島原発事故や日本の国家体制の事実を隠し、他方ではなりふりかまわず権力自体をたてなおそうとしているのが、白日のもとにさらされている。日本の国家権力をなんとか維持するための一連のアメリカとの軍事同盟の強化、秘密保護法、福島原発事故の徹底した隠蔽、食べて応援、福島への人々の帰還、原発再稼働の強行、川内原発維持のための熊本・大分大震災の矮小化、伊方原発維持のための中央構造線の地震の隠蔽、研究・学問統制、言論統制、言論自己規制、実質隣組のネットという密告・相互監視体制、経済体制維持のための国民総動員、などなど。

 安倍政権によって日本国憲法がないがしろにされ、法体系がこわされ、言論統制がすすめられているのは、安倍政権によるファシズムだといままでおもっていました。安倍政権がナチスと同じように、法律を巧妙にかえていくことによって権力を掌握しつつあるのだと。けれども、いまはそうではないとかんがえなおしています。それは、日本国の国家体制が実際に壊れてしまったので、すべてにおいてめちゃくちゃが可能になったということです。ちょうど、ソ連崩壊のときのエリツィン時代のようです。だから、これからさらにめちゃくちゃになるおそれがおおきいです。

 わたしたちには権力などいらない。だから原発や核兵器などはいらない。けれども、国家権力者たちには権力が必要なので、絶対に原子力、原発が必要です。しかし、もうすでに日本国の国家体制は壊れてしまったので、この権力の再興は無理でしょう。いまは、あらたな全くちがった権力、たとえはグローバリズム、が私たちを支配するか、わたしたちが、権力を拒否してあたらしい世界をつくるかの瀬戸際にあるとおもいます。

 これからは、戦後の平和国家としての日本国という厚化粧をした大日本帝國の体制がもう壊れてしまったということをはっきりと自覚して、自由にわたしたちのくらしを平和で豊かなものにする方法をさがしていかなければ、とおもうのです。福島原発事故は決しておわることなく、これからそのどうしようもない放射能汚染のおそろしい現実がますますあらわになってくるとおもいます。

 わたしたちには日々のくらしがある。その日々のくらしを平和で愛に満たし、つづけていくことが、わたしたちの唯一の希望だとおもうのです。

0 コメント

いのちとこころの根っこにあるもの

いのちとこころの根っこにあるもの。それは、根がその中をはっている大地です。

 その大地のうえで、どのようにいきているかは、いろいろですが、その大地のうえでいきているという事実は共通です。

 さらにいえば、大地があって、そのうえで、たとえば人間が独立した存在として動きまわりいきている、という印象は、実際とはちがっている。実際は、大地とそのうえを動き回っているという人間は、ひとつの不可分の存在で、人間がうごいているとき、大地も動いていて、つねにあたらしく大地と人間などをふくみ全体が自らを創造しているというのが、正しいでしょう。

 このような世界の見方は、世界といういれもののなかにものがある状態で存在しているという古典的なかんがえを否定している現代物理学の世界像から描かれるものだとおもいます。しかし、そんなむずかしい理論は必要ではなく、しずかに内省と考えをふかめていったり、直観をとぎすませば、おなじような世界観にいたるでしょう。

 

 そのようなことをかんがえていると、ふと、「道元の正法眼蔵」をおもいだします。

 

 「山水経」にはこうあります。

 

 『太陽山楷和尚示衆云、「青山常運歩、石女夜生児」。

 山はそなはるべき功徳のキケツすることなし。このゆゑに常安住なり、常運歩なり。その運歩の功徳、まさに審細に参学すべし。山の運歩は人の運歩のごとくなるべきがゆゑに、人間の行歩におなじくみえざればとて、山の運歩をうたがふことなかれ。

 いま仏祖の説道、すでに運歩を指示す、これその得本なり。「常運歩」の示衆を究辦(きゅうはん)すべし。運歩のゆゑに常なり。青山の運歩は其疾如風(ごしつにょふう)よりもすみやかなれども、山中人は不覚不知なり、山中とは世界裏の花開なり。山外人は不覚不知なり、山をみる眼目あらざる人は、不覚不知、不見不聞、這箇道理(しゃこだうり)なり。もし山の運歩を疑著(ぎちゃ)するは、自己の運歩をもいまだしらざるなり、自己の運歩なきにはあらず、自己の運歩いまだしられざるなり、あきらめざるなり。自己の運歩をしらんがごとき、まさに青山の運歩をもしるべきなり。』

 

 いのちとこころの根っこにある大地も常運歩であり、そのなかにあるいのちとこころも常運歩ということは、いいかえると、いのちとこころも、それが根ざす大地も、常にあたらしくうまれているということだとおもいます。わたしたちは、つねにあたらしい世界にうまれかわっていることになります。

 このあたらしい世界にうまれるかわるということを、わたしは、「わたしがあたらしい世界にいく」と自覚しています。

 このあたらしい世界に常にうまれかわるとき、つまり、わたしたちがあたらしい世界にいくとき、わたしたちの意思や意志はかかわっているのでしょうか? もちろん、ひじょうにたいせつなかかわりかたをしています。わたしたちが、いまなにをするかによって、生じてくるあたらしい世界がきまってくる、あたらしい世界にいくことになる。石や木や風や鳥たちがいまなにをするかによって、生じてくるそのあたらしい世界がきまってくる。このように、そんざいのすべてのありようによってあたらしい世界がつねに生じている。

 じぶんひとりが何をしようと世界がかわるわけではない、ということはなく、しぶんがなにをするかが、あたらしい世界を出現させている。

 そこで、ひとりひとりがなにをかんがえ、なにをのぞみ、なにを意志し行動するかということが、世界がどうあるかをきめている。

 

 このことをかんがえると、「正法眼蔵」の「現成公案」のうつくしいむすびのはなしが、また格別におもえてきます。

 

 『麻浴山宝徹禅師、あふぎをつかふちなみに、僧きたりてとふ、「風性常住、無処不周なり、なにをもてかさらに和尚あふぎをつかふ」。

 師いはく、「なんぢただ風性常住をしれりとも、いまだところとしていたらずといふことなき道理をしらず」と。

 僧いはく、「いかならんかこれ無処不周底の道理」。

 ときに、師、あふぎをつかふのみなり。

 僧、礼拝す。

 

 仏法の証験、正伝の活路、それかくのごとし。常住なればあふぎをつかふべからず、つかはぬをりもかぜをきくべきといふは、常住をもしらず、風性をもしらぬなり。風性は常住なるがゆゑに、仏家の風は、大地の黄金なるを現成せしめ、長河の蘇酪を参熟せり。』

 

 

0 コメント